松岡茉優が映画「サムライフ」で三浦貴大、加治将樹らと共演

松岡茉優が映画「サムライフ」で三浦貴大、加治将樹らと共演

 

女優の松岡茉優(まつおかまゆ)さんが2015年春に公開予定の映画「サムライフ」に出演します。

映画「サムライフ」とは一体どんな映画なのでしょうか?

また、松岡茉優さんはどのような役柄をえんじるのでしょうか?

この辺りにスポットを当ててみたいと思います。

 

映画「サムライフ」とは?

この映画は実話をもとに作られています。

原作は長岡秀樹(ながおかひでき)さん著作の小説です。

著者である長岡秀樹さんは、高校教師をたった5年でやめて、元生徒の4人とともにわずかな資金で2004年に小さな学園を設立しました。

その実話が、今回の映画「サムライフ」の舞台となっています。

 

監督は森谷遊(もりやゆう)さんです。

森谷遊さんは映画「しあわせのパン」やドラマ「深夜食堂」などを手がけています。

 

主演は三浦貴大(みうらたかひろ)さんで、教師長岡(ナガオカ)役を演じます。

松岡茉優さん、加治将樹(かじまさき)さん、柾木玲弥(まさきれいや)さん、山本涼介(やまもとりょうすけ)さんは、ナガオカの元生徒役を演じます。

 

ロケは実際に学校が作られている長野県上田市で行われたそうです。

まだ予告動画は公開されていませんが、出演者の山本涼介さんのコメント動画を見つけました。

 

 

 

どんなストーリー?

高校教師のナガオカは27歳のときに、就任たった5年で教師を辞めました。

理由は世の中の若者に本当に必要とされる自分の学校を作りたかったからです。

資金はたったの725円。

でもそんなナガオカの熱い思いに共感した、元生徒たちが集まります。

多くの苦難や障害を乗り越えて、スポンサーを集めることができ、奇跡を起こしました。

2004年に「侍学園スクオーラ・今人(いまじん)」を開校しました。

 

以上の実話をもとにした感動的なストーリーだそうです。

 

松岡茉優さんの役柄は?

松岡茉優さんはナガオカの元生徒役ということですが、どんな性格なのかはまだ明らかになっていません。

でもナガオカの思いに共感し、学校設立に携わったのですから、行動力のある、熱い思いをもった性格なのではないかと思います。

どんなキャラクターを演じるのか楽しみですね。

 

注目するところは?

どうやって資金724円から学校を設立できたのかがまず疑問です。

普通では実現不可能です。

どうやって実現できたのでしょうか?

学校設立に向けてさまざまな障害が立ちふさがったそうですが、どんな障害なのか、どうやってそれを乗り越えるこtができたのかが気になります。

あとは、教師ナガオカのもとにはどんな人達が集まってきたのかも注目したいです。

 

「侍学園スクオーラ・今人」ってどんな学校?

日本一小さな学校だそうです。

ここにはいじめ、引きこもりなどさまざまな問題で普通の社会生活が送れなくなってしまった若者たちが集まっています。

その若者たちはこの学校で勉強を学ぶだけではなく、心理的にも自立することも学んでいきます。

この学園を卒業した生徒の就労率は100%だそうです。

 

一度は社会から見放されてしまった若者たちを100%社会に復帰させるっていうのはすばらしいですね。

誰もが目をそむけてしまう社会問題に真っ向から立ち向かう教育の姿勢がすごいと思いました。

確かに一般の教育機関では実現不可能な教育かもしれません。

 

そんな「侍学園スクオーラ・今人」の ホームページがあります。

このホームページで作品のモデルとなった長岡秀貴さんの写真画像やあいさつを見ることができます。

また、2014年9月28日(日)には第11回今人祭(いまじんさい)が開かれます。

この今人祭では、映画「サムライフ」の監督や出演者たちのトークイベントも開かれるそうです。

おもしろそうですね。

ひょっとしたら映画についてのマル秘情報も聞けるかもしれませんね。

「侍学園スクオーラ・今人」のホームページはコチラです。

 

映画の公開日はいつ?

2015年2月28日より全国で公開予定だそうです。

なお、撮影舞台となった長野県のみ2015年2月7日より先行上映されます。

 


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ