新川優愛の小学校、中学校、高校生活や学歴について

新川優愛の小学校、中学校、高校生活や学歴について
新川優愛さんは小学校6年生のときから芸能事務所に所属して、芸能界を目指していました。

小学校、中学校、高校でどのような学校生活を送ってきたのでしょうか?

また、最終学歴はどうなっているのでしょうか?

この辺りをフォーカスしていきたいと思います。


スポンサーリンク


新川優愛さんの小学校時代とは?

新川優愛さんがどこの小学校に通っていたのかについては、情報がありませんでした。

でも出身が埼玉県なので、普通に公立の小学校に通っていたのだと思います。

ブログを見ると特に運動をしていたという内容は書かれていませんでした。

クラブ活動などはやっていなかったのかもしれませんね。

 

勉強については、理数系が苦手だったみたいです。

あと、夏休みの宿題はぎりぎりまでやらなかったそうです。

8月27日になって焦ってやり始めていたそうです。

また、観察用のアサガオやミニトマトを枯らしてしまったそうです。

宿題をギリギリまでやらないのは大半の小学生と同じなのではないでしょうか。

特に優等生ではなかったみたいですね。

 

他には、小学校のときにお風呂に入って寝てしまって溺れかけたことがあるそうです。

新川優愛さんは結構、のんびり屋であまり警戒心のない小学生だったのかもしれませんね。

そして小学校の文集では、「20年後何をしていると思うか。」というテーマに対して、他の生徒はスポーツ選手や美容師などと書いていたのに、新川優愛さんは「親孝行をしていると思う。」という風に書いたそうです。

間違ってはいないと思いますが、ちょっと変わっていますね。

 

新川優愛さんの中学校時代とは

新川優愛さんがどこの中学だったのかは小学校同様に情報が見つかりませんでした。

これも恐らく埼玉県の公立の中学に通っていたと思われます。

 

新川優愛さんは、中学生生活をすごく楽しんだとブログに書いていました。

体育祭や文化祭の行事では、勝った時や負けた時に泣いてしまうほど全力投球していたようです。

クラスの仲間と一致団結して一つの目標に向けて頑張ることはすばらしいことですね。

 

クラスメイトとも仲が良かったみたいです。

掃除の時にじゃんけんして『ほうき』を取り合ったり、休み時間にみんな一緒にトイレに行ったりしていたとブログに書かれていました。

勉強は、英語、数学、理科の理数系が苦手だったみたいですね。

 

あと、新川優愛さんは書道を習っていたそうです。

左利きだったので、色々と苦労したみたいです。

 

他には、荷物をまとめるのが好きだったみたいです。

小学校や中学校の修学旅行のときに、準備をするために荷物をまとめて、リュックやカバンに詰め終わるともう旅行が終わった気分になると書かれていました。

面白い話ですね。

旅行に行かないうちから終わった気持ちになれるということは、実際に旅行に行かなくても楽しむことができるということですよね。

安上がりでいいかもしれませんね。


スポンサーリンク


新川優愛さんの高校生活について

新川優愛さんの高校についても情報が見つかりませんでした。

でも芸能活動をしていたので、どこか芸能活動を許可されている高校に進んだのではないのでしょうか。

中学生までは学校が芸能活動に対して厳しかったみたいで、高校進学後は芸能活動可能になったので芸能界の仕事が多くなりました。

おそらく芸能活動のために学校を休むこともあったのではないかと思われます。

私は仕事のために勉強がおろそかになっていたのではないかと思いました。

でも、本人のブログで定期テストの結果を報告する記事が書かれていました。

その記事によると、赤点はなくて、平均75点だったそうです。

ですので勉強は優等生でもなく劣等生でもなく普通だったのではないかと思います。

 

仕事や学校が休みの時は、家族と一緒に過ごすことが多かったみたいです。

他には新川優愛さんは反抗期がなかったとブログに書いていました。

情緒不安定になることもなく青春時代を過ごすことができたようですね。

 

感想

新川優愛さんがどこの学校に通っていたのか全く情報が得られなかったのは残念でした。

でも芸能活動と両立して学生生活も楽しむことができたみたいですね。

学生生活の楽しい思い出を大切にしながら、これからも芸能活動を楽しんでほしいと思います。

 


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ