ゆりやんレトリィバァは英会話学習法とは?つまらないとの噂も!

ゆりやんレトリィバァさんは英会話と大阪弁を融合させたお笑いネタが「おもしろい」と評判です。また、「英語の発音がいい」「英語が上手」というネットの投稿もありました。一体どこで英会話を学んだのでしょうか?

 

また、ネットの一部では「つまらない」という投稿をしている人もいます。そういったゆりやんレトリィバァさんの評判についても調べてみました。


スポンサーリンク


ゆりやんレトリィバァの英会話の学習法とは?

ゆりやんレトリィバァ3

 

ゆりやんさんは特に学校で英会話を専攻していたり、海外に留学をしていたというわけではありません。子供のころ、父親が洋画が好きだったのでそれを繰り返し見たり、友達に教えてもらって身につけたそうです。

 

学校に通っているとき、英語の授業は好きだったようです。本人は「英会話はまだまだ。単純に単語を並べているだけ。」というふうに語っています。

 

それでも大阪の番組のロケで外国人と普通に英語で会話をしていたそうです。ですので日常会話程度の英語は普通に話せるのではないかと思います。独学でそこまで話せるようになるってすごいですね。

 


スポンサーリンク


ゆりやんレトリィバァはつまらない?

ネットでは「おもしろい」という意見と「つまらない」という意見両方飛び交っています。まず英語が苦手だったり、全然わからない人にとっては、英語ネタは門前払いのような状態になっています。

 

また、「ネタに親近感がないので面白くない」という意見もありました。あとインタビューで「8.6秒バズーカーより私の方が面白い」と発言したことで、8.6秒バズーカーを推している人たちからのブーイングの投稿がありました。

 

でも総合的に見ると、「つまらない」という意見よりも「面白い」という意見の方が多かったです。「面白い」と思っている人は「見た目だけで笑える」、「英語から出てくる大阪弁が天才的」といった投稿をしていました。

 

やはりNSCを首席で卒業したり、2013年のNSC大ライブ大阪で優勝したり、2015年のR-1グランプリで準優勝したという実績が物語っているとおり、若手ですが実力はかなりのものだと思います。

 

持って生まれた天性の外見に加えて、頭も良さそうなので、これからさらにブレイクするかもしれませんね。

 


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ