中村蒼の大塚千弘とのベッドシーンとは?本名は?

中村蒼さんは映画やドラマでさまざまな役やシーンを演じてきました。そのシーンの中でもベッドシーンがネットでは話題になっています。

 

また、中村蒼さんの名前はあまり他にはない名前だと思いますが、本名なのでしょうか?

 

以上のことにスポットを当ててみたいと思います。

 


スポンサーリンク


中村蒼のベッドシーンとは?

中村蒼5

 

中村さんは映画「東京難民」で初めてのベッドシーンを演じました。東京難民はネットカフェ難民のことをテーマにした映画です。

 

その映画の中で中村さんとヒロインの大塚千弘さんとのベッドシーンがありました。中村さんはこのベッドシーンについて「ひとつの自分の名刺ができた」と語っています。

 

また、A-studioに出演したときには、このベッドシーンのことを「(中村さんは)初めてだったのでガチガチに緊張して受け身だったが、大塚さんは年上だったので積極的だった」とも語っていました。

 

また、大塚千弘さんはA-studioのMCの山下リオさんの姉なので「申し訳ない気持ちでいっぱいです」と言っていました。なぜ申し訳ないのかよく分かりませんけど、冗談で言っているようには見えませんでした。

 

映画の公式サイトの予告動画でそのシーンの一部を見ることができますよ。興味のある方はごらんください。

→東京難民公式サイトはこちら

 


スポンサーリンク


中村蒼の本名とは?

中村蒼3

 

中村蒼(なかむらあおい)ってちょっと女性っぽい名前ですよね。しかも「蒼」って読みづらいのですが、これは本名なのでしょうか?

 

調べてみたところ、本名も同じ中村蒼だそうです。

 

考えてみれば、ジュノンスーパーボーイコンテストの時も同じ名前でエントリーしていました。ジュノンにエントリーする人は基本的には芸能界にまだ入っていないので芸名ではなく本名でエントリーします。

 

最近では知名度が上がってきましたが、昔はよく名前を読み間違えられていたみたいです。「蒼」は「そう」とか「あお」と呼ぶこともできます。

 

中村さんの両親は明るくて楽しい方だそうなので、きっと他の男の子とは違ったインパクトのある名前にしたかったのかもしれませんね。

 


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ