三浦貴大の料理の腕前は?演技力の評判や趣味は?

三浦貴大さんは、映画「繕い裁つ人」の完成試写会で、撮影中に神戸牛の手作りカレーを関係者にふるまったそうです。料理の腕前はどうなのでしょうか?

 

また、三浦さんはデビューしてまだ俳優経験は長くはありませんが、重要な役を任されることが多いです。三浦さんの演技力について世間の評判はどんな感じなのでしょうか?

 

さらに、プライベートではどんな趣味を持っているのでしょうか?

 

以上のことにスポットを当ててみたいと思います。


スポンサーリンク


三浦貴大の料理の腕前は?

三浦さんは映画「リトル・フォレスト春夏」で包丁で魚をさばくシーンを演じています。その包丁さばきがすばらしいと映画の試写会で、報道陣に言われていました。

 

三浦さんは寿司屋でバイトをしていて、そこで魚をさばいたことがあるそうです。また、料理はたまにすることがあると語っています。大学時代から10年間一人暮らしをしているので、料理をする機会も多かったのではないかと思います。

 

また、テレビ番組で、「大学生のとき、将来の仕事を考えるときパン屋になりたいと思ったことがある」と話していたので、料理は好きなのかもしれませんね。

 

映画「繕い裁つ人」の撮影中に、カレーを関係者にふるっまったということは、それなりに料理の腕に自信がある表れなのではないでしょうか。

 

三浦貴大の趣味は?

三浦さんはインタビュー記事によれば、休みの日はほとんど出歩かないと語っています。家でゴロゴロしたり、掃除をしたり、ひいた豆で入れたコーヒーを飲んだりしているそうです。

 

また、ゲームが好きでよくパソコンゲームをやっているみたいです。映画「監禁探偵」のインタビューでヒロイン役の夏菜さんとオンラインゲーム上で出会ったことがあると語っていました。

 

結構アクティブなイメージがあるのですが、意外にインドア派なんですね。

 

三浦さんがインドアなのは子供の頃からだそうです。子供の頃から水泳をやっていて、陸の上でのスポーツは苦手だったとのことです。ですので、外で他の子供たちと野球やサッカーをするのは嫌だったみたいです。


スポンサーリンク


三浦貴大の演技力の評判は?

三浦さんの演技力に関するネットの投稿を調べてみたところ、悪い評判より良い評判のほうが圧倒的に多かったです。

 

「演技がすばらしい」、「さすが良血だけのことはある」、「声がお父さんに似ていて良い」など俳優経験が浅いにも関わらず、絶賛の声が多かったです。

 

三浦さんは「子供の頃は、テレビではお笑いばかり見ていて、父(三浦友和さん)の作品を見ることはほとんど見なかった」とインタビューで語っていましたが、父親の仕事にまったく興味を示さない子供はいないと思いますので、どこかで父親の後ろ姿を見てきたのではないかと思います。

 

三浦さんの目標はお父さんの友和さんだそうです。ネットでは「演技をするたびに良くなっている」という投稿もありました。ぜひこれからも三浦友和さんのようなすばらしい俳優を目指してがんばってほしいと思います。


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ