高月彩良の性格が天然!父、母、弟もデカい?中学や高校はどこ?

映画「僕は友達が少ない」でちょっと変わった役を演じた高月彩良さん。

 

高月さんの実際の性格はどんな感じなのでしょうか?また、高校はどこに通っているのでしょうか?さらに兄弟はいるのでしょうか?

 

以上のことにスポットを当ててみたいと思います。


スポンサーリンク


メイド服の男子高校生役を演じる

高月彩良さんは2014年に公開された映画「僕は友達が少ない」に出演しました。

takatsukisara9

この映画は青春ラブコメディーで平坂読さんの人気小説が原作です。性格や見た目も全然違う7人が「隣人部」という友達を作る部活動に入り、現実ではありえない面白いストーリーを展開していきます。高月さんはいじめられっ子でメイド服を着ている美少年役で出演しています。

takatsukisara10

役作りについて高月さんは次のように語っています。

 

「人気のある小説の実写だったので、しっかり演じなければというプレッシャーがあり、撮影はとても緊張した。キャラクターが個性的だったので役作りには苦労した。でもやっていくうちに自分の演じている役が大好きになり、演じるのが楽しくなった。撮影が終わっても日常会話で『かたじけない』といったそのキャラクターの言葉が出るようになって困った。」

 

女性なのでメイド服は似合っていますね。でも高月さんは「着慣れなくて恥ずかしかった。しかも似合わない。」とブログに書いていました。

 

女性が女装をしている男性役を演じるというのはややこしくて難しそうですね。どっちの性別を強く出せばいいのか判断に迷いそうです。撮影が終わってもそのキャラクターの話し方が移ってしまうとはよっぽど役に入り込んでいたのでしょうね。

 

天然キャラ?半端じゃないボケっぷり?

高月さんは見た目はかっこいいボーイッシュな感じですが、性格はそれほど男らしくはないです。

 

人見知りをしたり、ちょっとしたことでも緊張したりして繊細なところがあります。

 

あとは天然キャラという噂があります。それを裏付ける以下のようなエピソードがあります。

 

「お母さんに買い物を頼まれてケチャップとソースを間違えて買ってしまった。そこでの高月さんのコメントは『ケチャップもソースも変わらないし...ま、いっか。』

 

そしてもう一度買い物にいったら今度はお金を持っていくのを忘れた。さらに『次こそ』と思ってお金を持っていったら、何を買うのかを忘れた。」

 

どこかのお年寄りみたいですね。他には以下のようなエピソードもあります。

 

「映画『思い出のマーニー』のキャンペーンで愛媛県松山市に来たときのインタビューで『松山市の印象は?』と聞かれて『道後温泉とお坊っちゃま』と答えた」

 

もう少しで「ナイス」な答えだったのに「残念」な感じになってしまいましたね。でも本人は天然だとは思っていないようです。

 

ブログで「天然と言われるようになったのはいつから?」という読者の質問に対して「いつからかも誰が言い出したのかも分からない。そして私は天然ではない。」と答えています。天然キャラの人の「天然じゃない」という言葉はあてにならないですよね。


スポンサーリンク


どこの中学や高校?

高月さんの出身中学は非公開で、特にネットで噂も流れていませんでした。地元神奈川県横浜市の公立中学校に通っていたと思われますが、具体的にどこなのか特定することはできませんでした。

 

また、高校についても公開されていません。ブログで高校についての質問に対しても「ひみつ」を貫いています。おそらく事務所から口止めされているのでしょうね。

 

ネットの噂では日本女子体育大学附属二階堂高校ではないかと言われています。理由は「現在の事務所に所属している女優にこの高校の出身者が多いから」とのことです。

 

高校では部活動はしていないそうです。おそらく芸能活動との両立が難しいからでしょうね。

 

兄弟は?家族はみんな巨大?

高月さんには5歳年下の弟がいます。弟とは仲が良いみたいで、一緒にカラオケに行ったり、ゲームをしたりしたとブログに書かれています。高月さんがちょっと男性っぽいところがあるので弟さんとも趣味が合うのでしょうか?

 

家族についてですが、「お父さんもお母さんも背が高い。巨大家族。特にお父さんが高い。お父さんに似ているので背が高いのはお父さんゆずり。」と高月さんはブログで語っています。

 

高月さんのお父さんとお母さんの身長はどれくらいあるのでしょうか?弟も背が高いのでしょうか?気になりましたが残念ながら情報がありませんでした。

 


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ